ハイドロリリース

肩こり・腰痛などでお悩みの方に

ハイドロリリースとは超音波機器(エコー)を用いて、筋膜などの結合組織の癒着している部分を確認し、エコーを見ながら癒着をはがすように生理食塩水やヒアルロン酸、リンゲル液などを用いて注射を行う手技です。近年各学会においてさまざまな報告がされており、注目されている治療法です。

しかし、痛みを改善する機序が完全に解明されていないのが実際のところです。現時点では、
・癒着をはがすことによって、筋肉や筋膜の動きを改善する。
神経周囲の癒着をはがすことにより、神経からくる痛みやしびれを改善する。
と言われています。

近年は超音波機器の精度が飛躍的に進歩したため、筋肉・筋膜・神経などの軟部組織を詳細にみることが可能になり、ピンポイントに痛みの原因部位に注射をすることが可能になりました。

ハイドロリリースは、体内組成に近い生理食塩水と、少量の局所麻酔薬で行われます。最新の超音波機器を使用し、痛みの部位を正確に判断しハイドロリリースを行うことで症状の改善が得られる可能性があります。

筋膜とは、従来は筋肉の表面にある膜と考えられてきました。近年では、骨・血管・神経・腱などのあらゆる組織をつなぐ複雑な役割を持ち、非常に重要な組織と考えられるようになってきています。機能は複雑で完全には解明されていないのが現状です。

主な働き・特徴としては、
・姿勢保持作用 
筋肉や腱の力を伝達する。
・感覚受容器としての作用
痛み刺激などの感覚を脳に伝える、などがあります。
悪い姿勢を長時間とることで、筋膜の癒着が起こると血流が悪くなり、筋膜の柔軟性が失われます。筋力の低下や痛みをも引き起こします。

ハイドロリリースは、筋膜の状態を改善することで症状の改善を期待します。

即効性が得られる可能性のある治療ではありますが、万能ではありません。
効果が数日〜数週間で切れてしまう方もいます。そのようなケースでは、繰り返しハイドロリリースを行うことで効果の延長が期待できることもあります。数時間から1-2日で効果がきれる方も少なくなく、そのような場合にはリハビリテーションや服薬治療を併用し、生活習慣(姿勢)を改善することも必要になることがあります。

また、痛みの原因となる部分は多数あり、複数箇所へのハイドロリリースが必要になることもあります。あくまでも、症状の原因が筋膜にある場合に効果的な治療です。原因が他にある場合には効果は期待できません。

当院では、理学所見やレントゲン検査、エコーを用いて総合的に判断し、ハイドロリリースの適応を限定して行っています。
痛みの原因がわからず、様々な部位の痛み、しびれでお困りの方は、是非一度お気軽にご相談下さい。

各種神経ブロック

神経ブロック注射は、神経の近くに局所麻酔や炎症をおさえる薬剤(ステロイドなど)を投与することで、神経周囲の炎症をおさえたり、痛みの刺激回路を遮断することで、手足の頑固な痛みやしびれの改善が期待できます。
当院では、エコーを用いて、原因となる神経を正確に評価した上で、的確・安全に神経ブロックを行っています。

・頚椎神経根ブロック
・後頭神経ブロック
・浅・神経叢ブロック
・腕神経叢ブロック
・仙骨ブロック
・硬膜外ブロック
・末梢神経ブロック

頑固な後頭部ー首の痛み、手足の痛みやしびれでお困りの方はお気軽にご相談下さい。