患者様の苦痛に寄り添った医療

整形外科であつかう病気は、痛みやしびれ、動かしづらさなどご本人でないとわからない苦痛であることがよくあります。
そのため、不安を抱え込んでしまうことも多く、原因がはっきりしないと心理的負担も大きくなりがちです。
「患者様の苦痛に寄り添った医療」をモットーに、ひとりひとりの患者様の状態に合わせた診療に取り組んでいます。

正確な診断を行うことで、スピーディーな治療開始ができるようこころがけています
痛みの原因をはっきりさせる・痛みから解放され快適な生活にもどっていただくことで、心理的な負担の軽減にもつとめたいと思います。

整形外科の病気の治療は、大きくわけて保存治療・手術治療の2つの治療法があります。
保存治療とは、お薬、リハビリ、ブロック注射などで治療を行う方法です。怪我であればギプスで治します。
手術治療は、手術で治す治療法です。

手術
ギプス

整形外科の病気は、患者さんの日常生活と密接にかかわっています。それぞれの患者さんのニーズや活動度により、最適な治療法が変わってきます。

「ひどい痛みじゃないけれど、なんだかすっきりしない。」

「長年患っている痛みを、できる限りなんとかしたい。」

このような状況で困ってしまっている方も少なくないと思います。

正確な診断・治療によって完治できる方がたくさんいらっしゃいます。

当院では、

丁寧な問診・診察

画像検査(レントゲン・エコー検査、連携機関におけるCTやMRI検査)

を積極的に行っております。診断を正確にすることで、効果的な治療を行うためです。

近年、レントゲンでは捉えきれなかった、筋肉・腱・靱帯などの軟部組織の動きに伴う変化をエコー検査で評価できることが数多く報告されています。

必要に応じてエコーを用いて、痛みを発する場所にハイドロリリース・神経ブロック注射を行うことも可能です。

エコー

ハイドロリリースとは、超音波ガイド下で穿刺を行い、線維性結合組織(筋膜、靭帯、腱膜、関節包など)に生理食塩水、局所麻酔剤、ヒアルロン酸などの液体を注入して癒着を剥離し、動きが悪くなった末梢神経の滑りをよくすることで痛みや痺れを軽減すると言われています。

ハイドロリリース

当院ではレントゲン検査に加えエコーを導入し積極的にハイドロリリース・各種ブロック注射(関節内・腱鞘内など)・神経ブロック治療を行っています。

病状、ニーズにあわせた、効果的な治療法をご提案できればと思います

病状により必要と判断させていただいた場合には、連携病院にご紹介し高次治療を提案させていただきます。


主にご紹介させていただく高次医療機関


聖隷横浜病院
横浜市立大学附属病院市民総合医療センター
横浜市立大学附属病院
横浜市立市民病院
横浜市立みなと赤十字病院
けいゆう病院
横浜中央病院
横浜掖済会病院